がん保険と医療保険についてデータに基づき必要な保障と選択のポイントについてまとめました
 
home
保険用語の解説
制度の概要
がん保険とは
「がん」という病気
必要な保障
保険を選ぶポイント
代行手続きサービス
医療保険とは
必要な保障
保険を選ぶポイント

  スポンサードリンク
 

「がん保険」とは

病気やけがなどを広範囲に保障する医療保険とは異なり、がんによる手術・入院のみを保障する保険。
がんへの保障へ絞っているため、医療保険に比べ保障が充実している割に保険料が安い場合が多い。
がんと診断された場合の給付金、がんによる入院の際は入院給付金の支払い限度日数に制限がないなど、がんになった場合の保障が厚いのが特徴。
特約を付ければ、がん以外の病気やけがに対する保障も可能です。
医療保険に入っていれば「がん」の場合も大丈夫とお考えになるかもしれませんが、
「がん」は治療費がとても高額になる傾向があるので、通常の医療保険ではカバーしきれない場合が多いです。
「がん」の治療費

終身タイプ
保険期間が終身で、生きている限り保障が続きます
保険料は契約時のままで、更新により値上がりすることはありません

定期タイプ
保障期間が一定の期間(ほとんどの場合は10年)となっている医療保険です。
多くの定期医療保険は80歳になるまで健康状態にかかわらず更新できます。
終身タイプに比べて当初の保険料は安いですが、更新のたびに保険料は上がっていきます
長期間のご加入になると保険料の払い込み総額は終身医療保険よりも高くなります

 

  >>当サイトへのリンクについて   
  Copyright © 2014 [がん保険&医療保険] All Rights Reserved.